【フェレットの耳掃除方法】耳ダニ対策!耳垢を取って清潔を保とう

[投稿日]2017/04/10[最終更新日]2017/05/30

SPONSORED LINK

健康的なフェレットになる秘訣は基本的なお手入れが普段から出来ていることです。フェレットの基本のお手入れ「耳掃除」の方法を紹介します。

準備するもの

  • 綿棒(大人用)
  • ティッシュペーパー
  • イヤークリーナー

耳掃除の方法

「耳掃除」の具体的な方法を紹介します。

1.しっかり保定する

フェレットは耳掃除が大の苦手。しっかり保定をされた状態でないと嫌がって暴れます。万が一落ちると危ないので、不慣れな方は座って行ってください。

フェレットをしっかり保定し、保定した側の脇に挟みます。

n_保定

保定方法は下記関連記事よりご確認ください。

2.イヤークリーナーを入れる

専用のイヤークリーナーを数滴フェレットの耳に垂らします。この時に保定が甘いと暴れるので注意しましょう。脇に挟むと背中を後足で高速で蹴られることもありますが、気にしないでください。

n_イヤークリーナー

3.耳を揉む

耳を揉んで汚れを浮かび上がらせます。汚れが浮かび上がったら、イヤークリーナーを軽くティッシュペーパーで拭き取ります。

n_耳揉み

4.耳垢を綿棒で拭き取る

綿棒が耳の奥に入り過ぎないように人間の大人用綿棒を使用して耳垢を取り除きます。

フェレットの耳の穴(外耳道)はL字形になっています。軽く綿棒を入れて止まった突き当りより奥には無理に入れないようにします。

軽く綿棒を入れて止まった付近と目に見える部分の耳垢を綿棒で拭き取って完了です。

綿棒は汚れていない綺麗なものを使用します。片耳2本程度。

n_耳掃除

耳掃除の頻度

週に1回

曜日を決めて定期的に行うのが◎

フェレットの個体によって耳垢が溜まりやすい子とそうでない子がいますが、基本は週に1回です。

放置すると、耳ダニの温床になったり耳が臭くなったりと良いことは一つもありません。基本のお手入れなので是非マスターしましょう。

まとめ

  1. 保定して脇に挟む
  2. イヤークリーナーを入れる
  3. 耳を揉んでクリーナーを拭き取る
  4. 綿棒で汚れを取る

耳掃除はペットショップや動物病院でも行っているところがあります。しかし頻繁に行く場所でもないので、やはり自宅でケアを出来るようになっておいた方が良いです。

フェレットをお迎えしてから最初の難関になりますが、頑張りましょう!

おしまいっ

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 238 Articles
フェレットをこよなく愛する工学部出身の理系女子。にょろ、ぽちゃ、うるるの3フェレとの共同生活。アフリカオオコノハズクのくるるも仲間入り。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*