【動物園の楽しみ方】動物園を最大限に楽しむための5つのポイント

[投稿日]2017/03/20

SPONSORED LINK

月に数回は動物園に遊びに行っている

動物園大好き人間が

動物園を最大限に楽しむポイントを大公開!

1.朝からスタートダッシュ

「昼からのんびりと~」なんて考えはNG!動物園を楽しむ為にはスタートダッシュが命です。なぜなら

動物は朝が一番良く動くから!

朝は活発に行動する動物たちが非常に多いです。昼間にかけてはお昼寝タイム。そして、夕方は寝床に戻りたくて寝室の入り口付近をうろうろ。

動物たちは朝に放飼場に出されるとマーキング行動(匂い付け)をするために活発に動き回ります。一番元気に行動している朝から動物園に行かないのはそれだけで損です!

2.服装は動きやすい格好で

楽しむ為には服装が重要です!動物園の大きさにもよりますが、かなりの距離を歩きます。オシャレをしたくてもヒールが高い靴は避け、履き慣れた靴で行ってください。小さい動物園であっても坂道が厳しい場所も存在するので、気をつけてください。

また、5月~11月には蚊が飛ぶことも多く、肌を出していると刺される可能性が高いです。虫よけ対策をしてから行くのが◎。夏場は暑さにもご注意ください。

3.もぐもぐタイム等イベントを確認

大抵の動物園には入口から入ってすぐの場所に、もぐもぐタイム(ご飯の時間)や飼育員さんのトークなどのイベントが掲示されています。まずは動物園のイベントをチェック!

イベントに合わせて園内を周ると楽しさUPです。動物たちの話を聞いたり、ご飯を食べている瞬間を見ることはとても貴重な体験です。

まれに時間が公開されていないマル秘イベントもあります。上野動物園のジャイアントパンダのトレーニングなんかがその部類です。本当にいつやっているか分かりません。もし、そんなイベントを見れたらラッキーですね!

4.双眼鏡・単眼鏡を持って行く


必ずしも近くで動物を見ることが出来るとは限りません。遠くにいる動物をよーく観察したい人は双眼鏡・単眼鏡を持っているととっても便利!

双眼鏡は目の間隔等を自分で合わせる必要があるので、初心者には単眼鏡がおすすめ。コンパクトだしね!

5.動物の特徴を発見してみよう

動物園では実際に動物とふれあえるところがあります。ライオンの赤ちゃん等は季節的なものもある為どこの園でも…というわけにはなかなか行きませんが、「モルモットのふれあい」であれば多くの動物園でやっているかと思います。可愛い~だけではなく、何かしら身体の特徴を発見してみましょう。

指の数は?
尻尾は?

動物たちの特徴を新しい発見として見つけて帰れたらそれだけでも行った価値あり!個人的にはトラの耳裏のアレなんかも可愛いと思います。実際に見て確認してね!

最後に

一生涯の内に動物園に行く回数は3,4回と言われています。

子どもの時親に連れられて
大人になってからデートで
親になって子供と
孫が出来てから孫と

あながち間違っていない数字だと思います。だからこそ、そんな数少ない動物園を楽しまないと絶対に損!入園料安いし、もっとみんな気軽に行けばいいのになぁ~と思う今日この頃。

おしまいっ

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 238 Articles
フェレットをこよなく愛する工学部出身の理系女子。にょろ、ぽちゃ、うるるの3フェレとの共同生活。アフリカオオコノハズクのくるるも仲間入り。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*