フェレットショーの結果報告をすると「2位じゃダメなんですか?」と言われる件について

[投稿日]2017/05/11

SPONSORED LINK

フェレットショーの結果を知人に報告をすると

某議員か!

と突っ込みたくなるようなことを言われることがたまにあります

2位じゃダメなんですか?

名言ですね!

いや迷言??

もちろん1位を取れないから言われる台詞です

○位でもすごいじゃん!
可愛いんだから何位でも良いでしょ?

という慰めの言葉とは重々承知しているのですが

悔しいです

自分一人の力じゃない

自分名義のペットの出場には代わりはありませんが

最後にふわふわに仕上げてくれるお店があったり

長時間、車の運転してくれる家族がいたり

必ず「自分以外の誰か」が関わっているわけで

出来るだけ良い報告をしたいのです

成績が良くないと「せっかく○○が○○してくれたのに」というマイナス思考に陥りがちになります

昔の話ですが「セコンド」が付く競技を長年やっていました。「セコンド」というのは競技中に指示を出してくれる人のことで、選手と一緒に二人三脚で試合に臨みます。

これまた負けるとかなり落ち込みます

自分以外の「誰か」が後ろでサポートしてくれているのに成果が残せないと落ち込んでしまうのです。逆に、一人で突撃ー!とかだったら別に何とも思わないかもしれないです

上を目指してようやく現状維持

フェレットショーは半年に1回の頻度で行われます

寿命の短いフェレットにとっては半年も経てば少なからず老いも進行します。でも下からは若い元気なフェレットがどんどん出場してきます

だからこそ、上を目指してようやく現状維持の成績が残せているのだと思います

もしも「現状維持でいいや~」と思ってしまったら、今よりも成績は下がってしまいそうな気がしてならないのです

「努力」という言葉

フェレットショーで上は目指したいです

でも「努力」って言葉は好きではないです

「努力」という単語は好きではないことを頑張ることだからだと思っているからです

フェレットは大好きです

お世話をしっかりやっていくことや上位入賞目指すために試行錯誤していることを「努力している」と思ったことは一度もありません

好きなことをやっているのに「努力」なんて言葉は使わないです。好きなゲームに夢中になって、「努力してレベル○○までなったぜ!」なんて言いませんよね、きっと

フェレットは大好きなので、上位になれるくらい夢中になれたらなぁと思います

オンリーワンで良いのか?

フェレットショーだけでなく、あらゆる面において上は目指していきたいのです

「2位じゃダメなんですか?」と言ってくれる人の言葉の裏には「オンリーワンで良いじゃない」という意味があるんだと思います。SMAPだって「No.1にならなくても良い、そもそも特別なOnly one」って言っていました

でも個人的には

上がいるならもっと上目指せよ!

と思います

上がいるってことは、もっと伸びしろがあるはずなのに「オンリーワン」という言葉に甘えて上を目指すことを辞めるのはもったいないなぁ~と。

「ナンバーワンにならなくていい、オンリーワンになれだぁ?ふざけるな。オンリーワンていうのは、その分野のエキスパート、ナンバーワンのことだろうが。」

漫画ドラゴン桜の名言のひとつです

どちらかというとこっちの方が心に響きます!

だからこそ「2位じゃダメなんですか?」という台詞は好きではないし、もっと上を目指していきたいと思っています

おしまいっ

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 238 Articles
フェレットをこよなく愛する工学部出身の理系女子。にょろ、ぽちゃ、うるるの3フェレとの共同生活。アフリカオオコノハズクのくるるも仲間入り。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*