フェレット爪切りのコツ!イヤイヤされない持ち方とは

[投稿日]2016/12/22

SPONSORED LINK

フェレット飼い主初心者さんの大難関、爪切りの方法について説明します。ここでは2人1組で爪を切る方法に関しての説明です。

爪を切る場所

切るべき箇所は爪の半透明の部分です。赤い部分は血管なので切らないようにしましょう。血管から1mm離れたところを切るのがベスト。血管を切ってしまうと血が出てしまいます。慣れていないうちはもっと手前を切っても大丈夫です。

フェレットの持ち方のコツ

爪切りは2人1組で行うと簡単です。爪切りで重要なのは意外にもフェレットの持ち方です。

基本の持ち方

利き手でフェレットを保定(ほてい)して、反対の手でお尻を支えます。大人しい子だとこの持ち方で簡単に切ることが出来ます。

  • 保定する
  • 反対の手でお尻を支える

爪を切る足を引っ込める場合

フェレットが爪切りをイヤイヤして爪切りをする側の前足をするっと引っ込める場合がありますよね?爪切りがイヤイヤなフェレットに足を引っ込めさせない持ち方を紹介します。

まず利き手でフェレットの保定をします。反対の手でお尻を支えていた手を諦めます。爪を切る側と反対の前足を抑えます。フェレットが前足を引っ込める場合、反対側の前足で反動をつけて一緒に動かしています。反対側を抑えることで足を引っ込める勢いをつけさせないようにすることが出来ます。

  • 保定する
  • 爪を切る側と反対の手を抑える

持ち方のコツ

↑ 反対側を抑えると切る側の前足を引っ込めにくくなる

切る側のコツ

爪を切る側の抑えておきたいコツを紹介します。

爪切りの持ち方

爪切りの持つ角度についてはフェレットの身体に対して90度。フェレットの身体と平行じゃないですよ!

爪切りの持ち方

↑ 正しい持ち方◎

上記画像のように、片手でフェレットの足を持って支えて、爪切りを使用して爪を切ります。

足先を丸めてしまう場合

爪切りを嫌がって足の爪を内側に丸めてしまうことがよくあります。この場合、足を支えている手の親指を肉球へぎゅぎゅっと押し込みましょう。そうすると肉球が広がって切りやすくなります。急にぱぁ~っと開くこともあるので要注意!

丸めた手

↑ 丸められると切りにくい・・・親指を押し込む

出血時の対処方法

気をつけていても血管を切ってしまうことはあります。出血してもそれくらいで死ぬわけではありません。万が一切ってしまった場合、指の腹で圧迫して止血します。片栗粉、小麦粉をつけても止血になります。ポイントはティッシュや布類をあてないこと。どんどん流れていきますよ。

  • 圧迫して止血
  • 片栗粉・小麦粉で止血(舐めても大丈夫)
  • ティッシュ・布類を使わない

爪切りの頻度

基本は週に1回です。爪切りに慣れていない場合は2週間伸ばして切っても大丈夫です。切らないで放置していると血管まで伸びていきます。血管が伸びてくると、爪の切れる部分がどんどんなくなってしまいます。1~2週間のスパンできちんとお手入れをしましょう!

最後に

爪切りは基本のお手入れの一つ。フェレットの爪はすぐに伸びてしまうので、ペットショップに頻繁に行くのも大変。初心者でも頑張って出来るようになろう!一人での爪切りは二人での爪切りをマスターしたのちに覚えた方が良いと思います。

おしまいっ

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 238 Articles
フェレットをこよなく愛する工学部出身の理系女子。にょろ、ぽちゃ、うるるの3フェレとの共同生活。アフリカオオコノハズクのくるるも仲間入り。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*