【横浜市立野毛山動物園】これで無料?読みやすい解説版が特徴的で好き

[投稿日]2017/01/26[最終更新日]2017/05/31

SPONSORED LINK

先日、横浜市立野毛山動物園に行ってきました。京浜急行線「日ノ出町」駅から徒歩10分の立地・・・とはいっても徒歩で行く場合は結構な坂道を登るのでなかなかキツい。。。靴は履きなれたものが良さそうです。動物園内はそんなに坂道はありませんでした。

野毛山動物園のココが好き

野毛山動物園の良かったところ・好きなところをいくつか紹介します。

入園料無料

この動物園はなんと

入園料が無料!

しかも無料とは思えないクオリティの高さでした。

本当に無料でイイの?大丈夫??

ライオンが近い

屋内展示中のライオンは非常に近い距離で見ることが出来ます。おそらくこの動物園よりライオンに近いところはないでしょう!

野毛山_ライオン

↑ 至近距離で見ることの出来るライオン!ズームしてません

爬虫類館がある

小さいながらも「爬虫類館」があります。個人的に気に入ってる一枚がコチラ。

野毛山_トカゲ

↑ 大自然にいるようなトカゲ・・・。バックはただの絵です、ハイ。

ふれあい広場

モルモットやハツカネズミとふれあえることが可能です。公式HPには「平日は定員・時間制限なし。土日祝は整理券による入れ替え制」と記載されていましたが、運が良かったのか土曜日に行きましたが整理券なしでも自由に入れました。稀にそういう日があるのかもしれません。

モルモット

↑ モルモットと膝の上でふれあい

野毛山_ハツカネズミ

↑ ハツカネズミも手に乗せる事が可能

解説板が読みやすい

動物園にある動物の解説板って文字がぎっしりで読む気が出ない・・・なんてこともしばしば。野毛山動物園の解説版は黒板風で目に留まりやすい工夫がされています。

IMG_5062

↑ ダチョウの解説板

絵が多様されており、色付きの文字も使われていてとても読みやすいです。この黒板風の解説板は来園者を飽きさせません。

注意喚起

野毛山動物園で下記のような案内板を発見しました。

巣立ち雛

巣立ち雛2

↑ 巣立ちヒナの誤認保護をしないようにという注意喚起

野鳥のヒナが巣立つ時に上手く飛べずに地面にいたりすることがあるそうです。上手く飛べないヒナがいても間違って「可哀想」だからと保護しないように気を付けないといけませんね。(というか野鳥を連れ帰ってはいけません)

こんなにきちんと注意喚起してくれる動物園が大好きです!

最後に

無料ながらも解説板がしっかりしており来園者を飽きさせない工夫がしっかりしてある動物園でした。無料でこのクオリティは本当にすごい! 広い動物園ではないので2時間もあれば全部回ることが出来るのではないでしょうか。横浜デートも数回目・・・という方にもおすすめの綺麗な動物園です

おしまいっ

野毛山動物園公式HP:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/


フェレットとフクロウの可愛い画像をTwitterで公開しています。

LINE@始めました

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 273 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*