飼うのが先か、勉強が先か?!葛藤の末フクロウをお迎え

[投稿日]2016/08/01[最終更新日]2017/03/12

SPONSORED LINK

フクロウ飼いました

ついに買って(飼って)しまいました、憧れのフクロウ!小型フクロウのアフリカオオコノハズクをお迎えすることにしました。我が家、また賑やかになります。フクロウカフェに行った日から興味を持ち始め、飼い方を調べ始めて、脳内シュミレーションをする日々。。。

そんな時に運命の出会いがあったのです。

フクロウとの出会い

エキゾチックアニマル専門のペットショップ熱帯倶楽部ららぽーと立川立飛店へ遊びに行っていました。フェレットワールドの系列店ということもあり、たまに顔を出していました。

ある日そこで一羽の可愛い子を発見したのです!

それは「ポポちゃん」で一躍有名になった【アフリカオオコノハズク】。猛禽類は初心者で、持つこともへたっぴな私ですが、この子は生後3ヶ月にも関わらずグローブの上で堂々としていました。

その姿にずっきゅ~ん!

ちびちゃんず(コキンメフクロウなど)を検討していましたが、やはり飛ばしたいという気持ちがあり、小さくても飛ばせるアフリカオオコノハズクに決定しました。

購入時に担当してくださったのはフェレットショーの前日にいつもふわふわ仕上げをしてくれる店員さん。付き合いも長く信頼しているので、他の店舗での購入は検討しませんでした。

飼ってみないと知識は増えない

飼いたいと主人に言った時はやはり反対されました。猛禽類なんて飼ったことないしあまり知識もない。飼う勇気がないと。私も猛禽類は初めてで、むしろ鳥類の飼育は初めてです。

知識を持ってから飼うことが理想ではあるけれど、どこまで勉強すればいいのかなんて分からないし、実際に飼ってみないと分からないことの方が多いと思うのです。※実際そうでした

知識があれば、と考えているうちは一歩がなかなか踏み出せません。もちろん飼う前の基礎知識は必要ですが、それ以上の知識は飼っていく中で培われていくのではないでしょうか。これから勉強していく意志があるのであれば、必要なのは最初の一歩だけなのです。

これからずっとお勉強

立派な飼い主になれるよう全力で努力すると決めました!

最初はへっぽこ飼い主でも立派な飼い主になれるはず。きっとこれから今までに見てきた世界とは違う新しい発見がいっぱい出てくるはず。これからの生活が楽しみで楽しみで仕方ありません!これからずっとよろしくね、「くるる」

くるる

関連記事:フクロウ(猛禽類)の飼育で難しいことはエサの処理ではなく○○


フェレットとフクロウの可愛い画像をTwitterで公開しています。

LINE@始めました

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 281 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*