【フェレットスマホケース】ウッドバーニングのオーダーメイドでペット自慢

[投稿日]2016/11/11

SPONSORED LINK

ペット自慢をしたくてしょうがない!

一回ペットの話をはじめると止まらないのが親バカ。うざがられるのは嫌だ、でも自慢はしたい。そんな葛藤の中、日々を過ごしている飼い主さんは多いはず。

自分だけじゃないよね、、、?

「自分からペット自慢話をするのに抵抗がある。だったら、相手から話を振ってもらえばいいじゃない?」と考え、さりげなくペット自慢が出来るオーダーメイドグッズを作成しました。

フェレットのスマホケースを作成(ウッドバーニング)

よく人目につくものを考えたときに思いついたのが携帯電話。仕事中にデスクの上に置いてたりするし、肌身離さず常備してしているアイテム。これなら、さりげなくアピールが出来る!しかし、市販のスマホケースで気に入るフェレット柄はありませんでした。

そこで、フェレットショーで出店していたウッドバーニングの作家「焼き絵人」のともみ。さんにオーダーメイドで作っていただくことにしました。

注文&ヒアリング

自前で購入した天然木のスマホケースと我が家のフェレットたちの写真を送ると、仕上がりイメージ画像を作ってくれました。何度かやり取りを行ってレイアウトとか細かいイメージを伝え、思い通りのイメージ画像が完成したら製作という手順。

写真とイメージを伝えて最初に送られてきた仕上がりイメージ図がコチラ。

仕上がりイメージ1

・・・ん!?!?

何かが違う。なんかもう明らかな写真チョイスミス&イメージの伝え不足ですね。笑

コレはちょっと違うな、、、と思って写真を変更しました。

方向転換し、次に送られてきた仕上がりイメージ図がコチラ。

仕上がりイメージ2

ん~っ、惜しい!!

再度ヒアリングをしていただいた上の最終仕上がりイメージ図がコチラ。

仕上がりイメージ3

おぉ!!イイ感じ

これにてヒアリング完了です。

完成!!

ヒアリングの末に出来上がった完成品がコチラ。

スマホケース

↑ iPhone6用スマホケース

す、素晴らしい・・・っ!!

納得のいくまでヒアリングをしてくれたのでとてもいいものが出来たと思います。

作家さんに渡した写真は、尻尾が途切れていたり、一部手で隠れていたりしました。さすがはフェレット飼いの作家さんです。切れていた尻尾を書き足してくれたり、不要な背景や手を消して綺麗に仕上げてくれました。

コレ、手書きなんだって!

ウッドバーニングすごい!

驚きのハイクオリティです。

世界に一つだけのマイスマホケースの完成です☆

完成品をブログで紹介して下さいました。

http://blog.himegon.daa.jp/?eid=1294

メンテナンス

ウッドバーニングで描かれたものは時間が経過すると色が薄くなってしまいます。

3本のフェレットのうち、上に描かれている子は色が薄い子。元々の色が薄いため消えやすいです。作成して半年後にメンテナンスを頼み、濃く描き直してくれました。代金は送料のみで、描き直しに自体にはお金は発生しませんでした。

なんというアフターサービス!

世界に一つだけのスマホケース、大切に使用しています♪

描き直しに関してもブログで紹介してくださいました。

http://blog.himegon.daa.jp/?eid=1321

ペット自慢に大活躍

自慢方法はいたって簡単。ケースを上にしてスマホをデスクの上に置いておくだけ。予想通り相手から「フェレット飼ってるんだ!?」って声をかけてもらえるようになりました。

また、ペットの話で盛り上がっているときに写メを見せるより早くケースを見せることが出来るので、スムーズに話をすることが出来ます。

写メを撮ったりするときも、電話をするときも、そこらへんに置いてあるときも、度々スマホは人目につくのでさりげない自慢が可能に。これならウザがられないよね。

作家さん情報

ウッドバーニング作家:ともみ。さん

作家さんブログ:焼き絵人と鼬さま。

Twitter:@_tomomi

備考:常にオーダーを受け付けているわけではないようです。ブログをご確認下さい。

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 266 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*