トラの赤ちゃんを抱っこ!?動物とふれあえる超穴場スポットTCA-ECO

[投稿日]2016/12/17

SPONSORED LINK

超穴場スポットとは?

東京都の動物園は家畜動物(ヤギ等)・うさぎ・モルモットのふれあいくらいしか実はやっていません。動物が大好きでふれあいたいと思っている人には少し物足りないかもしれません。

動物園ではなく、動物とふれあえる超穴場スポットが実は都内にあります。

それは東京コミュニケーションアートECO

東京都にある動物の専門学校です。ここのオープンキャンパスでは動物とふれあえるコースがあります。ここでの目玉は「トラの赤ちゃんが抱っこ出来る」というもの。

動物園ではライオンの赤ちゃんを抱っこ出来るところはあっても、トラの赤ちゃんを抱っこさせてもらえるところはあまりありません。この機会を逃すまい!と参戦してきました。(2015年夏)

オープンキャンパスの様子

学校説明

オープンキャンパスですから、まずは学校説明があります。就職先はどうなのか、どういったコースがあるのかといった話です。ちなみにこの専門学校は誰もが知っているムツゴロウさんが名誉教授をされている学校です。

校内の見学

キャンパス内の様子を見学しました。ここがトリマー室で、ここがトレーニング室で、ここが生体を管理している場所で・・・といった感じでキャンパス内を案内してもらいながらの見学です。動物を扱っているところって結構汚れているイメージだったけど、学校はかなりキレイでした。

動物とのふれあい

様々な動物を飼育している飼育室でふれあいが行われました。動物園にはいるけれど、動物園でもなかなかふれあえる機会の少ない動物といっぱいふれあうことが出来ました。楽しい!可愛い!特にオニオオハシを腕に乗せることが出来たことに感動しました。

↑ ミーアキャットを抱っこ

↑ オニオオハシを腕に

↑ リスザルも手乗り
(うんち対策用ジャンパー貸してくれる)

トラとのふれあい

トラは専門学校で飼育しているわけではありません。トラの飼育数日本一である香川県のしろとり動物園から飼育員さんと一緒に出張していました。10人程度のグループを1単位として10分程度自由にさわれる時間がありました。ここでは抱っこではなくふれあいだけです。それが終わったら、今度は一人ずつ抱っこ出来ます。学校側で写真を撮ってくれて後日郵送でした。毎年来るとは限らないですが、トラがいなくても楽しめます。他のチームがふれあいをしている時は現役飼育員さんへの質問タイムでした。

tiger

↑ トラとのふれあい!写真撮影も自由!

面談

最後に教員と面談があります。今後の進路をどうするかとか、何がしたいかとか。普通の進路相談があるので気軽に遊びには行けない感じです。学校なのでしょうがないですね。

まとめ

動物専門学校は動物とふれあえる穴場スポットでした。仕事を辞めて専門学校に行くか悩んでいた時期にオープンキャンパスに参加し、とても貴重な体験をさせていただけました。動物とふれあえる穴場といっても学校ですから、動物業界へ進みたい時や、お子さんのオープンキャンパスの連れ添い等で行くのが良いでしょう。就職しやすいかどうかはさておき、動物とふれあえる超穴場スポットであることは間違いない。※筆者は悩んだ末、入学は諦めました。

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 266 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*