パンダだけじゃない!上野動物園の魅力あれこれ

[投稿日]2016/11/04[最終更新日]2016/12/05

SPONSORED LINK

上野動物園の見どころ

上野動物園といえばジャイアントパンダで有名だけど、もっと他にも見てもらいたい動物がいーっぱい。パンダだけにしか話題がいかないのはもったいない。自称動物園好きが上野動物園の魅力をご紹介します。

しろくまのどっぼーんタイム

しろくまことホッキョククマのご飯タイムは迫力満点で、是非見てもらいたいです。かなり近くで水に潜ってくれます。顔でかーい。足でかーい。肉球可愛いー。大きい身体ですいすい泳いでいる姿は必見です。

イケメンゴリラの兄

意外と知られていないのがゴリラ。たまにものすごく人間らしいポーズで寝てます。先日見たときは足を組んで寝ていました。また、愛知県の東山動物園にいるイケメンゴリラのお兄ちゃんゴリラのハオコは上野動物園にいます。お兄ちゃんもイケメンなので是非。

ケープペンギン

こちらはTZV(東京動物園ボランティアーズ)によるスポットガイドが良かったです。剥製を触れることが出来、ペンギンを身近に感じられます。皮の展示もされてお り、こちらも触れました。ペンギン観察型の簡単なクイズを実施しており、解答するとペンギンの羽根をお土産としてくれます。ペンギンの羽根とかレアですよ ね。とても良かったのですが、第1,3木曜日の活動らしくタイミングを合わせるのが難しそうです。ペンギンの羽根に子供が喜ぶことは間違いなし!

ペンギンの羽根

ワニ

爬虫類館にいるワニはデカイ。とにかくデカイ。びっくりします。展示コーナーの仕切りには、ワニが出てこないように仕切りが高く継ぎ足されてました。飼育していくうちに予想より大きくなってしまったのでしょうか。ワニってこんなにでかいの!?丸呑みされちゃいそうです。

アイアイ

お猿さんのアイアイ。顔に愛嬌があるかっていうとない。間違いなく。アジアでの展示は上野動物園だけでレア度はめちゃくちゃ高いです。展示場で活発に動いてくれる姿を見ることが出来ます。暗いから写真は上手く撮れないけどね。フラッシュ撮影は厳禁です。レア感があるだけで見てるととてもわくわくします。

世界三大珍獣

世界三大珍獣と言われている「オカピ」「ジャイアントパンダ」「コビトカバ」の全てを一つの園内で飼育展示されています。珍獣を全て揃えるとはさすが日本一有名な動物園です。この世界三大珍獣が一つの動物園で見ることが出来るのは日本では上野動物園のみです!

 

まとめ

もちろんジャイアントパンダは可愛いけれど、パンダの展示は和歌山のアドベンチャーワールドには勝てないかなっていう個人的な感想。ただ、アドベンチャーワールドはアクセスがすこぶる悪い。東京という立地でアクセスの良い上野でパンダを見れるのはやっぱりいいですね。立地が良いだけに他の動物園に比べて来園者の数が多く動物たちが少々見ずらいかもしれませんが。

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 240 Articles
フェレットをこよなく愛する工学部出身の理系女子。にょろ、ぽちゃ、うるるの3フェレとの共同生活。アフリカオオコノハズクのくるるも仲間入り。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*