【環境汚染】結婚式・披露宴バルーンリリース風船は夢や希望ではない

[投稿日]2017/01/06[最終更新日]2017/04/25

SPONSORED LINK

結婚式・披露宴でのイベントで「夢と希望を乗せて大空へ飛ばしましょう!」なんてクサイ台詞と共に空へ放たれる多くの風船。この風船は落ちた付近にいる野生生物にとったらいい迷惑。「バルーンリリースがなぜダメなのか」少しでも多くの人に分かって欲しい。あなたたちが飛ばしているものは「夢や希望」といったものではありません。

バルーンリリース後の末路

風船は遠くへ飛んでいき、目の届かない場所で落下する。飛ばす瞬間だけが監視下にあり、飛ばしたあとは知らんぷり。そんなイベントの末路です。

式場は回収しない

当たり前のように結婚式場が回収することはありません。空高く飛んだ風船が更に風で流されて行くので、回収は不可能です。飛ばしてハイ終了~ってのが現状です。

野生生物が誤飲

「夢や希望」のバルーンリリースの裏で落ちたゴム風船や付随する紐を食べてしまった野生生物(ウミガメ・カモメなど)が死んでいます。ペットも野生生物も食べ物でないものを誤飲すればお腹の中で詰まって死に至ります。

「人間同様、食べ物ではないものを口に入れる可能性は低い」と書いてあるHPを見たことがあります。彼らは人間ではないし、ペットの誤飲による死亡はペットの事故死の中でもワースト1位でしょう。食べ物ではないから口にしないなんてことはない。

野生生物に紐が絡まる

風船についている紐は野生生物の身体に絡まります。足や羽根に引っかかったら身体の自由がきかなくなり、飛べなくなるでしょう。ペットと違って助けてはもらえないのです。

風船さえ飛んでいなければもっと生きれた命です。

エコ風船も危険

「生分解して自然に還る」という風船です。

しかし、この風船でさえ生分解に数か月~1年近くかかります。月日が経てば自然に還るかもしれませんが、分解されるまではただのゴムでしかないのです。

「環境を考えてエコ風船にしました」というのならそもそも飛ばさないで欲しいです。それが一番環境に良いのですから。

お願い

結婚式・披露宴でバルーンリリースをしないでほしい。

確かにガーデンウエディングでのバルーンリリースは綺麗かもしれない。

でもね、参列している方は断れないんだよ!

「夢と希望を乗せて大空へ飛ばしましょう!」なんて言われて一人一人に配られる風船。参列者が環境を考えていても、この場面では飛ばす以外の選択肢はなく、とても心苦しいです。「あ~ぁ、飛ばしちゃったな」って思うだけです。

子供が間違って飛ばしてしまうのとは訳が違います。故意的に多くの風船を空に放っているのですから。

バルーンリリースで飛ばしているものは「夢や希望」ではなく、野生生物たちにとっての「危険物」なのです。


フェレットとフクロウの可愛い画像をTwitterで公開しています。

LINE@始めました

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 283 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*