当サイトでPRしたいフェレット作家募集!
我が家のフェレ's

フェレット連れで桜を見に行く時の注意点!大きいお花見会場は避けるべし

フェレットと桜のコラボレーションは最高のシャッターチャンス!とっても可愛いし、飼い主だったらそういうシチュエーションに憧れますよね。

桜を見に行く時は

どこのお花見会場に連れて行くか

それが重要です。身をもって実感しました。

フェレットは目立つ動物

フェレットはまだまだ一般には浸透している動物ではありません。

フェレットを連れて歩いていると

ものすごく目立ちます

桜の満開シーズンのお花見会場には多くの人がいます。その中でフェレットを連れていたらどうでしょう。たちまち人だかりです。

「触っていいですか?」
「写真を撮ってもいいですか?」

そう声をかけられることも多いです。

n_桜

大きいお花見会場は避けるべし

お花見会場は大きければ大きいほど人が多いです。その中の数パーセントはマナーを守れない人もいます。大きい会場であればあるほど母数が多いので必然的にマナー違反の人に会うことが多くなります。そしてゆっくり自分のフェレットの写真撮影をすることが出来ません。

ここでいうマナー違反とは「勝手に写真を撮る」「勝手に触ろうとする」ことを指します。

マナー違反の洗礼

大きいお花見会場にフェレットを連れて行くのであれば「マナー違反の洗礼」を受けることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

写真撮影のマナー違反

フェレットで出来た人だかりの中で一人一人に「写真を撮ってもいいですよ」と伝えるのは困難です。「一人がOKなら全員OKでしょ?」なノリでパシャパシャ撮られます。

しかも残念ながら全員がフラッシュをオフにしてくれているとも限りません。

抱っこのマナー違反

写真撮影と同様、抱っこに関しても同じことが起こります。

一人に抱っこさせたら飼い主の元に戻って来る前に何故か次の人に渡されます。

え?

え?

え?

って目が点になるので注意して下さい。

絡まれる率UP

お花見会場では、はっちゃけている人も多いです。フェレットを連れていると目立つので、ペットを連れていない時よりも変な人に絡まれる確率がぐぐーんと上がります。

べろんべろーんな人に絡まれていい気分はしません。

まとめ

フェレットとのお花見を楽しむには大きい会場は避けるべし

こじんまりとした小さい公園でも桜が綺麗に咲いているところはたくさんあります。人が少ない場所でゆっくりした方が楽しいと思います。

小さい公園で自宅の子と桜のコラボを写真撮影した方が楽しいよ!

お花見に限らず人が多い場所にフェレットを連れて行く際は気をつけてください。

おしまいっ

LINEで気軽に連絡してね!

LINE@始めました

LINE@でお友だち募集中です。

お友だち登録をすると

✔管理人PonとLINEでお話できる
✔フェレットに関する不定期配信

など、フェレットに関するお役立ち情報が届きやすくなりますよ。

よろしくね!

今すぐお友だちになる

※配信は多くて月2回程度です