知って得する!フェレットの飼育費用を抑える5つのコツ

[投稿日]2016/12/06

SPONSORED LINK

動物を飼うと飼育にお金がかかります。しかし、ポイントを抑えれば飼育費用も抑えることが可能!大幅なコストダウンは出来ませんが、【塵も積もれば山となる】作戦で抑えられるところは抑えていきましょう。

機能性重視のハンモックを選ぶ

フェレットの飼い主さんの大半はハンモックを使用していると思います。ハンモックって消耗品なんですよね。可愛いデザインのものも多くありますが、ハンモックの消耗を減らすなら耐久性を一番に重視しましょう!ハンモックは壊れやすいものと壊れにくいものがあります。しっかり選んでコストダウン!

エアコンの設定温度

エアコンは必須ですが、設定温度を適切にすればエアコン代を節約することが可能です。

夏場

フェレットにとって夏場のエアコンは必須です。エアコンを切ってのコストダウンは絶対にしないで下さい。では、エアコンの設定温度は何度にしたら良いのでしょうか?

設定すべき温度は28度です!

必ず25度以下にしましょう!なんてウソうそ。

25度以下であれば確かに熱中症にはなりません。でも25度設定はオーバースペック、そこまでする必要は実はありません。28度設定でもいたって元気。うちのアンゴラちゃん(長毛種)でさえ平気です。ただし、夏場のエアコンは24時間フル稼働にしましょう。

冬場

フェレットは暑さに弱く、寒さに強い生き物。北海道や東北など、気温が氷点下になってしまうような地域以外は無理に暖房を使用する必要はありません。むしろアンゴラフェレットは寒い方がもふもふになります。

寒がりでぷるぷる震えている子がいればその時は寒さ対策をしていきましょう。フェレットの為に暖房は使用する必要はありませんが、飼い主さんが寒いと感じたら使用して下さい、風邪引きます。笑

いらないTシャツを活用

自宅にもう着ないであろうTシャツは眠っていませんか?使い方はいたって簡単。ケージマットやブランケット代わりにぽいっとケージ内に入れるだけ。1週間くらい活躍したら、そのままゴミ箱へ。

潜って遊べる!潜って眠れる!洗わずに使い捨て!

もしいらないTシャツあるなら、最後に活躍の場を与えましょう!ボタン等の装飾がついている場合は外して誤飲が無いように。換毛期シーズンめがけてこの作戦を実行するのがオススメ。マットに付いた毛を取る手間も省けます。

100均の掘り出し物

100円ショップには掘り出し物があったりする。

実はナスカン(ハンモックの金具部分)が売られているところも・・・!!

ペットショップや裁縫屋さんで売られている正規品よりずっと安い。そしてナスカンの性能なんてぶっちゃけ変わらない。「安かろう悪かろう」では本末転倒ですが、使えるものが安く買えるのであればそれに越したことはありません。

フェレットフードも100均のお玉で入れています。

ケージマット撤廃

ケージにマットを綺麗に敷くと掘って掘って掘りまくる!「イタチ冥利に尽きるぜ、ひゃっほぅ~!」って声が聞こえてきそうな勢いです。フェレットの爪で掘られたマットはいずれ表面が悪くなっていきます。掘っている音もなかなかうるさいので撤廃しました。

とはいっても何もケージに布類を入れないわけではありません。そこそこ安いブランケットをケージ内に入れて、洗って繰り返し使用しています。ケージマットは洗濯用に複数枚必要で、一枚一枚のお値段もそこそこ。そして消耗品。。。

我が家のケージはメディカル(大型ケージ)を使用しており、ケージに床がありません。メディカルの下に抗菌仕様のテーブルクロスを敷き、ケージ内にブランケットを入れています。そうすることで、ケージ内のお掃除も簡単で時短も出来てお高いマットを買わなくてもフェレットたちは快適に生活出来ています。

ケージ内

↑ こんな感じ。

最後に

参考になるネタはありましたか?

お金は出すべきところは惜しまず出す!
抑えられるところは抑える!

飼育費用を少しでも抑えておやつでも買ってあげたいですね。

おしまいっ


フェレットとフクロウの可愛い画像をTwitterで公開しています。

LINE@始めました

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 289 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*