激戦区!売約済みになる前にチェコアンゴラをお迎えする方法を考察

[投稿日]2017/10/18
まろ眉のセーブルフェレット

SPONSORED LINK

ごく稀に「チェコアンゴラ」という超レアなフェレットが入荷されることがあります。しかしすぐにお迎えが決まってしまい、タイミングが良くなければ一目見ることすら困難です。

「アンゴラ」と呼ばれる長毛種は中国の「ファーファーム」だけではありません。ファーファームよりさらに珍しいチェコアンゴラを飼いたいと狙っているオーナーも多いです。入荷頭数に比べライバルが多いです。

どうすれば憧れのチョコアンゴラをお迎え出来るのか考察してみました。

客注

入荷される前にあらかじめ予約しておくことです。いつ入荷されるかわからない状態でもあらかじめ予約しておけば間違いなくお迎えは可能でしょう。

ただし退路は断たれます。

客注しておいてやっぱりやーめた!をみんながみんなしていては誰も買えません。顔を見る前にお迎えを決めることになるので、相当な覚悟が必要になるでしょう。それくらいの覚悟があればお迎えも可能かもしれません。客注して買わなければモラルが問われてしまいますよ。

情報を制す

入荷した時は公式に「入荷情報」が公開されます。その情報をイチ早くキャッチし、すぐに店舗に向かえば間に合う可能性があります。

入荷情報が公開された時点でどんどんお迎えが決まっていくので、店舗に直接問い合わせてまだいるかどうか確認すると良いですね。

チェコアンゴラのような日本で希少なフェレットをお迎えする為にはあらかじめ情報予防線を張っておかないと難しいですね。

ラッキーパンチ

基本的には情報戦ですが、運よく入荷現場に出くわしたらそれはもうラッキーですね。店舗に来たばかりのほやほやで、入荷情報もまだ出ていないようなラッキーな現場に遭遇すればお迎えも可能かもしれません。

そのラッキーな現場でお迎えを決めるかはあなた次第!

ただし、チェコアンゴラはフェレットの中でも飼育難易度はトップクラス。ラッキーな現場に遭遇しても本当に飼えるかどうかよく考える必要があります。特にチェコアンゴラって単語を初めて聞いた!って人は要注意。

まとめ:お迎えする手段

指さしフェレット

  1. 客注(後には引けない)
  2. 情報を制す
  3. ラッキーパンチ

基本的にチェコアンゴラのような珍しいフェレットはお迎えが激戦なので一目見れるだけでもラッキーです。激戦区を勝ち抜くなら情報を制することが一番でしょう。

たとえお迎えが決まっていてもすぐに連れて帰られていない場合もあります。(引き渡しまでの期間が設けられている場合等)ケージの外から眺めるだけならタダなので、運よく会えるといいですね!

おしまいっ


フェレットの可愛い画像をTwitterで公開しています。

LINE@始めました

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 296 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*