隙間を塞ごう!フクロウのキャリーバッグに目貼りをする理由

[投稿日]2017/07/03
キャリーバッグに入ったアフリカオオコノハズク

SPONSORED LINK

フクロウを移動させる時に使用するキャリーバッグにはものによって「目貼り」が必要です。

なぜ目貼りが必要なのか?

その理由を紹介します!

目張り・目貼りとは

①物の合わせ目や継ぎ目に紙などを張って密閉すること。 「 -した茶箱」
②冬、窓などに紙を張ってすき間風を防ぐこと。また、その張ったもの。[季] 冬。 〔「目貼り剝ぐ」は [季]春。《張合ひのありし暮しの-はぐ/虚子》〕
③舞台化粧で、大きくはっきり見せるため、目のまわりに紅や墨を入れること。

出典|三省堂/大辞林 第三版について | 情報

ペット用ハードキャリーバッグはサイドや天井に隙間が開いていることが多いです。フクロウを入れるキャリーバッグに目貼りをするというのは、この隙間を塞ぐことを指します。

目貼りが必要な理由

ペット用ハードキャリーバッグに目貼りが必要とされる理由は大きく2つあります。

1.ストレスの軽減

フクロウはストレスに弱いので、目貼りをしてキャリーバッグ内から外を見えなくすることによってストレスを軽減することが出来ます。外から中が見えないというのも良さの一つ。フクロウはまだまだマイナーな動物なので、キャリーに入っている動物がフクロウだと周りが気付けば声をかけられたりすることが多いです。知らない人が近寄ってくるのはフクロウにとってストレスになることもあります。
中と外を分けることによってフクロウにとってストレスの少ない環境になります。

2.羽根が傷付かない

フクロウは鳥なので羽根があります。キャリーに隙間が開いていると羽根が引っかかってしまうという事故が起きかねません。万が一でも羽根を折らないようにするためには隙間を塞ぐ必要があるのです。

初めから羽根が入り込まないようなキャリーを購入するのも良いですね◎

目貼りの方法

隙間のあるハードキャリーを使用している場合に目貼りが必要だということが分かりました。

「マルカン2ドアキャリー」に目貼りしてみました。

キャリーバッグに入ったアフリカオオコノハズク

隙間が全部埋まるように厚紙を切って(角は丸く)結束バンドで留めるだけ。これをするだけでフクロウの安全性がぐーんと上がります!

外側から見た場合はこちら。

マルカン2ドアキャリーの外側

前面には空気が入るように少し隙間を設けています。

マルカン2ドアキャリー前面

まとめ:フクロウのキャリーに目貼りをする理由

  • ストレスの軽減
  • 羽根が折れる事故防止

フクロウは毎月メンテナンスでショップ等に行く必要があるので(自宅でメンテンスする人は少数派)、キャリーバッグでの移動は必須になります。出来るだけストレスなく安全に移動させたいですね。

製品紹介

今回目貼りしたキャリーバッグは「マルカン2ドアキャリー」です。目貼りはした方がいいですが、前面の網にリーシュを鷹匠結びをすればフクロウを出し入れする時のぶっ飛び防止になりロストの危険性が減ります。

キャリーバッグに鷹匠結び

小型フクロウにおすすめのキャリーバッグです!

おしまいっ


フェレットとフクロウの可愛い画像をTwitterで公開しています。

LINE@始めました

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 283 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*