フクロウ

【フクロウのエサの捌き方】ハサミを使わず素手で下処理するけど引かないで

マウスを咥えたアフリカオオコノハズク

警告、警告っ!!

猛禽飼い主
猛禽飼育を検討している人
怖いものを見たい人

以外は

即刻このページを閉じるべし!!

フクロウのエサ準備についてのお話です。生々しい写真(本物のマウスとか)も出てきます。間違ってこのページに飛んできてしまった一般人はご遠慮下さいませ。

警告したからね?!

 

ではっ

レッツ・クッキング!!

解凍

フクロウのエサは【マウス・ヒヨコ・ウズラ】です。ミンチ状のエサを販売しているところもあるけど、我が家では冷凍マウスM・ヒヨコを1匹ずつをアフリカオオコノハズクに与えています。

まずはこれを流水解凍!

流水解凍

解凍するまで水は流しっ放しです。

人間が食べるお肉を解凍するのと一緒!

解凍時間の目安は以下の通り

マウス:約10~15分
ヒヨコ:約20~25分

水量や水の温度によって解凍時間は結構変わります。

冬場は水道水が冷たくて解凍に時間がかかります…

エサは素手で処理してます

猛禽類のエサの処理は
ハサミを使うと思われがちだけど、

素手で処理しています!

べつにハサミ使っても使わなくても最終的な結果は一緒なんだけど、単純に

洗い物が増えるのが嫌だから素手

というだけ!

素手だからって別に作業が大変になるわけじゃないよ。

マウスの処理

解凍が済んだマウスがこちら

解凍マウス

マウスの小腸を捨てるんだけど、お腹を開く場所は下半身らへん。横にした時の真ん中よりも足側を開いていきます。

開き方のイメージは

ポテトチップス!!

ポテチの袋を開封する時は袋の両サイドをつまんで開くと思うんだけど、それと同じことをマウスでやる。

下半身らへんのお腹の皮をつまんで

開く!!

じゃんっ

マウス開き1

マウスの外側の皮が無事に開きました。

そうするとまだ内側に透明な皮で内臓が包まれているのがわかります。同じ要領で、内側の薄い皮もポテチを開封するように開きます。

これでマウスお腹が開きました。

マウス開き2

※マウスのサイズによって外側の皮の厚みが変わります。素手で開けない場合はハサミを入れてください。

次に小腸を取り出します。細長いやつです。

マウス小腸

茶色の部分がマウスの糞です。

これを取ったら完成!!

綺麗にとったら血も全然出ません。個人的には魚を捌く方がよっぽどグロいような気が←

ヒヨコの処理

ヒヨコの身体の中には卵黄が入っています。

卵黄は高カロリー過ぎるということなので捨てます。あと、卵黄が残ったままフクロウが食事すると、食事場がべっちゃいことになりかなり不衛生です。

ヒヨコの処理はマウスよりも簡単。

身体をぎゅっと手で握り絞めるだけ。お腹の中にあるものをお尻側から出す感じ。

するとお尻の方からスポっと卵黄が産まれる。

ヒヨコ

これを取ったら完成!!

一口サイズにしないの?

上記の処理をしたら、あとはフクロウの前にお供えするだけ。勝手に食べやすいサイズについばんで食べるので、特に一口サイズにする必要はありません。

(このエサの与え方も飼育者やショップによってまちまちです…)

切ったエサに慣れている個体だと、一口サイズの切ったエサしか食べなくなることもあります。元々ショップで切ったエサしか与えられてなかった場合とかだと、もしかすると一口サイズに切ってあげないと食べないかも。

どうしてもついばんで食べてくれない場合は諦めて切ってから与えてください。

どうやって切ればいいのか

「一口サイズってどうやって切ればいいの?」

ってことになると思うんだけど、

腹に入ればみな同じ!!

って思っているので、本当に適当に切っています。

一口サイズに切る時はさすがにフクロウ専用のキッチンハサミで切ります。笑

皮も毛も羽根も骨も全部食べるので、食べやすい大きさならどうやって切ってもいいんじゃないかなぁ~。マウスは輪切りに切るのが一般的っぽいです。まぁ、どんな切り方しても全部食べるんだからあまり気にしなくてもいいような。

普段は切らないで置き餌をしてますが、調教中はカットしたものを与えています。

最後に

猛禽類のエサの処理はハードルが高いってよく言われてるけど、

魚を捌く方が血どばーで嫌だよ!笑

小腸取って、卵黄取ったらあとは適当にカットするだけ!むしろカットなんかしなくてもちゃんと食べてくれる子は多いよ。

さいごに言いたいのは

素手で処理してるからって引かないでね

ってことだけ!笑

おしまいっ

フクロウサイトも運営中!

アフリカオオコノハズクくるるの野望
というフクロウ専門サイトを運営中

可愛い小型フクロウ
アフリカオオコノハズクの「くるる」
が主役になりました。

可愛い姿に癒されること間違いなし!
ぜひ遊びに来てくださいね。

アフリカオオコノハズクくるるの野望