【フクロウのお庭】原宿のふくろうカフェは鷹匠体験や飼い方教室までやってるぞ!

[投稿日]2017/01/04[最終更新日]2017/05/31

SPONSORED LINK

フクロウオーナーである筆者イチオシのふくろうカフェ【フクロウのお庭】の見どころや楽しみ方をを紹介します!

ふくろうカフェは都内にたくさんあるけど

文句なしNO.1です!

何度もリピートしたくなる癒し空間です

綺麗な店内

イングリッシュガーデンをイメージした店内はとても綺麗。窓からさし込む日差しが更に店内を綺麗に魅せます。リーシュ(フクロウを繋いでいる紐)やジェス(足革)も綺麗で清潔感があります。そして個体名がみんな神様の名前で、なんか神々しい。

ベンガルワシミミズク

↑ お花と日差しでさらにカッコイイ

ふれあい

店内にいるほとんどの子とふれあうことが出来ます。ポイントは鷹やチョウゲンボウともふれあえること。ふくろうカフェに鷹やハヤブサがいてもふれあえる場所は少ないと思います。

手に据えることも可能なので、好きな子を見つけて手に乗せちゃおう!

レアキャラの「レッドテールホーク」「キンメフクロウ」もいるよ!

追記(2017年5月):キンメフクロウはお迎えされて現在はいません

モリフクロウ

↑ ふれあいイチオシ!うっとり「モリフクロウ」

レッドテールホーク

↑ レアキャラ「レッドテールホーク」

キンメフクロウ

↑ ふわふわ感が堪らない「キンメフクロウ」

鷹匠体験

フクロウカフェは増えて来たけれど、なかなか【体験型】のカフェは少ないと思います。ここの名物は【鷹匠体験】が出来ること。時間帯によって鷹匠体験出来る子が違います。お店のHPを要チェック!鷹匠体験出来るフクロウは下記の6種類

  • ハリスホーク
  • レッドテールホーク
  • ベンガルワシミミズク
  • アメリカチョウゲンボウ
  • アフリカワシミミズク
  • メンフクロウ

2フライト500円と高くないので貴重な体験を是非とも参加してほしい。最初の受付時でやるかどうか決めなくても、人がやっているのを見てから決めても遅くないですよ~。

とことこベンガルワシミミズク

お店のHPで鷹匠体験出来るリストを見て、「すっげぇー!ベンガルちゃん飛ばせるぞぉ~」とノリノリでベンガルちゃんの時間帯に予約!

がしかし!!!

ここで事件は起きたのだ。

そう、ここのベンガルワシミミズクは「飛ばない」

飛ばずにとことこ歩いて来るのだ。笑

それはそれでとても可愛らしいのだけれども、「飛ばして鷹匠体験をしたい!」と思っている人は要注意。

ベンガルワシミミズクを飛ばす気満々で来店したものの、とことこ歩くベンガルちゃんで鷹匠体験?をすることに。思った以上の可愛さだったのでご紹介!

離れたところからエサをチラつかせると、とことこ歩いてきます。2人以上のグループだと、一人が立っている股の間をトンネルのように通り抜けてくれます。これが

超可愛い!!

しかも良い感じにスタッフさんが動画を撮ってくれますよ!

↑ 股抜きとことこベンガルワシミミズク(シヴァ)

この動画はスタッフさんが撮影してくれました!

鷹匠体験のおすすめ

鷹匠体験におすすめの鳥を考えて見ました!

  • レッドテールホーク→激レア
  • ベンガルワシミミズク→とことこが可愛い
  • アフリカワシミミズク→バードショーで見ない

ハリスホークとメンフクロウはバードショーでよく見るメジャーな猛禽類です。ミーハーな筆者はバードショーに出ないような子の鷹匠体験をしたいわけです。

逆にTHE鷹匠を体験したいならハリスホークですね!

アメリカチョウゲンボウはハヤブサの仲間で、バードショーにはあまり出てきませんがサイズが小さいから大迫力はないかも?でも小さいお子さんが飛ばすにはイイかもしれません。

かなり個人的な見解が入っているのでお店のHPをチェックして決めてね!

猛禽類に優しい環境

フクロウのお庭はリーシュ(紐)も適切な長さで、営業中にも水浴びもさせてエサ+αの水分補給もしています。(猛禽類は基本的にはエサからの水分摂取でOK)猛禽類の休憩タイムもきちんとあって、ふくろうカフェとしては猛禽類に優しい環境だと感じました。濡れている猛禽類も可愛いですよ~

アメリカチョウゲンボウ

↑ 水浴びですっきり!アメリカチョウゲンボウ

運が良いと濡れている可愛らしい姿が見れるかもしれません。

猛禽類を据える時にきちんとグローブを付けるところもポイントが高いです!安全性をきちんと考えているお店で、素手乗せ・肩乗せ・頭乗せは出来ません。逆にフクロウの「素手乗せ・肩乗せ・頭乗せ」を期待している方は他のフクロウカフェに行ってくださいね。

飼い方教室の開催

フクロウのお迎えを検討している方・現在フクロウを飼われている方向けに「飼い方教室」が開催されます!「エサ編」「作成編」「メンテナンス編」の3種類です。2時間で2000円、しかもレクチャー後の残りの時間はふれあいも可能とのこと!

 

エサ編

【エサの捌き方・下処理の実践】

エサの処理が出来るかどうかで飼うことを悩んでいる人は一度行ってみて、どんなものか体験してみるとイイかもしれません。「意外と余裕じゃん」って思うかもしれないし「やっぱ無理~」って思うかもしれません。ちなみに筆者がフクロウをお迎えする前にエサを捌いた感想は前者でした。

百聞は一見に如かず!

フクロウをお迎えする前の人は是非こういう場に行ってみて欲しいですね!

ちなみに捌いたエサでエサやり体験出来るみたいです、やったね!

作成編

【脚につけるアンクレット・ジェス・リーシュの作り方の実践】

説明を見る限りどちらかというと飼い主さん向けかな?という印象。革から切り出して作るそうです。(確認したところ牛革)

飼育本に作り方とか書いてあったりもするけど、「そもそも革ってどこに売ってんだ?」ってとこから始まる…。材料買うのメンドイし、ショップに任せちゃえーってなっている今日この頃。

でも飼い主なら自分で作ってみたいよね!?

作って持ち帰り可能!!

追記:作成編に参加してきました!!

 

メンテナンス編

【嘴・爪の切り方などのメンテナンス方法&鷹匠結びの実践】

メンテナンスは完全にショップにおまかせ状態。でも、メンテナンスに関する基礎知識は知らないよりは知っている方がイイに決まってるんです。是非参加したいですね。

また、初心者向けに「鷹匠結び」の実践もあるそうです。「鷹匠結び」はお迎え前に修得すべき必須スキル! 係留飼育(脚をつなぐ飼育方法)をしなくてもリーシュで繋ぐ場面なんていくらでもあります。本格的にお迎えを検討している方は練習してくださいね!

感想

いろいろ書いたけれど、ようするに

綺麗で

可愛くて

楽しめて

何度もリピートしたい!

そんな場所です。フクロウオーナーの筆者が自信を持っておすすめするふくろうカフェです! ドリンクも美味しく、ゆっくり座れるベンチもあるので休憩やデートにも◎これから初めてフクロウカフェに行く方に是非行ってもらいたいお店です

おしまいっ

おまけ

フクロウも鷹も全く関係ないけれど、スタッフが何故かみんなイケメン。笑 もしや顔採用したのか? と思ったけど、みんな猛禽類の扱いめっちゃ上手でした! 美男美女スタッフが多いと言われています!笑

おしまいっ

フクロウのお庭(owl’s garden)店舗情報

公式HP:http://owls-garden.jp/
公式twitter:@garden_owl
公式Facebook:フクロウのお庭

東京都渋谷区神宮前4-31-5 インガレッソ2階
TEL:03-6721-0554
営業時間 「10:00~20:00」
東京メトロ副都心線・千代田線
明治神宮前駅から徒歩2分
JR原宿駅から徒歩6分


フェレットとフクロウの可愛い画像をTwitterで公開しています。

LINE@始めました

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 283 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。

1 Trackback / Pingback

  1. フクロウのお庭「飼い方教室:作成編」で初めてのジェス&アンクレット(足革)作りに挑戦!

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*