人気ゲームがスマホアプリで登場!どうぶつの森ポケットキャンプ略して「ポケ森」

[投稿日]2017/12/01
どうぶつの森ポケットキャンプ

SPONSORED LINK

任天堂の大人気ゲーム「どうぶつの森」がお手軽スマホアプリとして登場!

その名も「どうぶつの森ポケットキャンプ」

略して「ポケ森」です!

どうぶつの森ポケットキャンプ

どうぶつの森 ポケットキャンプ

どうぶつの森 ポケットキャンプ
無料
posted with アプリーチ

 

キャンプ場の管理人となった主人公(あなた)が、家具やオブジェを飾ってにぎやかなキャンプ場を作るというもの。

主人公以外のキャラクターは全てかわいい動物たちです。犬や猫はもちろん、うさぎや鳥など様々。

簡単にどんなことをするゲームなのか紹介します!

1.レジャースポットをまわる

管理人となったキャンプ場の周囲にはレジャー施設があります。

レジャー施設を周り

魚を釣ったり

虫捕りをしたり

フルーツを拾ったりします。

2.どうぶつたちと仲良くなる

レジャー施設にはかわいいどうぶつたちがキャンプを楽しんでします。

話しかけたりどうぶつたちが欲しいものをプレゼントすると仲良くなれます。

どうぶつたちが欲しいと思っている魚・虫・フルーツをレジャー施設で取ってくるわけですね。

プレゼントのお礼として家具を作るための材料をもらえます。

何度かお願いを聞くと満足して一定時間はお願いをしてきません。「おねがいチケット」を渡すと追加でお願いをしてくれるので家具を作る為の材料をさくさく集めることが出来ます。

どうぶつ目線からすると、「紙切れ渡されてお願いするよう懇願される」ってことですよね。なんかシュールだ

3.家具をクラフトする

どうぶつたちからもらった材料を使用し、家具をクラフトします。

完成するまでは時間がかかります。

家具によって必要な材料や時間が異なります。

クラフトした家具を自分好みに配置しましょう!

4.キャンプに招待する

どうぶつと仲良くなり好みの家具をそろえてあげるとキャンプ場に招待することが出来ます。

招待する瞬間だけ家具を置く管理人が続出。招待された瞬間ソッコーで片付けられてしまうのがどうぶつたちの悩み(?)

柵で椅子を囲うと檻に入れられたどうぶつみたいになると話題(!)

基本的に1~4の繰り返しです。

無課金で楽しめる!

「どうぶつの森ポケットキャンプ」は基本的には無料アプリで、一部課金システムがあります。

無課金でも十分に楽しめますが、「リーフチケット」という課金アイテムを使えばよりサクサク進めるようになります。

課金アイテムのリーフチケットを使うと

持てるアイテムが増えたり

家具を作る時間が短縮したり

家具を複数同時に作成したり

などなど、ゲームをより快適に出来るような仕組みになっています。

ただし、課金をしなくてもゲームを進めていくとある程度は報酬で課金アイテムがもらえるので無課金でも楽しめます。

無課金の場合は

  • クラフト台の拡張(家具の複数同時作成)
  • 持てるアイテム数の拡張

にリーフチケットを使用することをおすすめします。

無料でも楽しめるので人気なんですね。

フレンドを作って「バザー」機能を活用

他のプレイヤーにアイテムを売ることが出来るバザー機能があります。どうぶつたちからお願いされるアイテム(フルーツ等)が足りない場合はバザーを活用するとゲームをさくさく進めます。

プレイヤー同士がフレンドになっているといつでもバザーで足りないアイテムを購入出来て便利!(ゲーム内で転売ヤーにもなれちゃう?)

ゴロゴロ鉱山という施設はフレンドがいるか課金アイテムのリーフチケットを使わないと入れないので、フレンドはいた方が良いですね。

もし良かったらフレンドになってください!

PonのID0020 1281 335

最後に

どうぶつの森はストーリーを楽しむというよりは、コレクションのやりこみを楽しむゲームなので片手間で遊ぶスマホとは相性バツグン!

無料でも十分に遊べる人気アプリなので、まだ入れてない方は是非インストールしてみてください。世の中の話題に乗るのも悪くないですよー!

可愛い動物たちとスローライフを楽しみましょう。

おしまいっ

どうぶつの森 ポケットキャンプ

どうぶつの森 ポケットキャンプ
無料
posted with アプリーチ

フェレットの可愛い画像をTwitterで公開しています。

LINE@始めました

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 304 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。