飼育用品

ペットフードの酸化防止には小分け袋と脱酸素剤で対応!

フェレットフードのおすすめ

ペットフードは大袋で購入した方が安いけど、ペットの頭数は少ないとフードの減りが遅いので酸化が気になりますよね。酸化するとフードの品質が落ちてしまいます。

特にフェレットは複数のフードを混ぜて与えるため、たくさんのフードが空気にさらされてしまいます。

新鮮なフードを保つためのこつを紹介します!

フードを小分けで保管する


ペットフードの質が落ちてしまう「酸化」は空気中の酸素にさらされることで起きてしまいます。つまり、空気とフードが触れる回数を少なくすれば酸化も必然的に少なくなります。

一度開けたフードを小分けで保管することで酸化防止につながります。小分けの袋で保管すれば、開け閉めする回数が減るので空気に触れる回数も減ります。

例えば5つに小分けしたとすれば、最初の1つを使用している時は他の4つは開けないので空気に触れることがありません。

小分け用の袋はチャックが付いていて密閉できるものがいいですね。

小分け袋を持っているとペットと一緒に旅行する際にも重宝しますよ。

食品用脱酸素剤を使用する


お菓子作りをする人などに重宝されている「食品用脱酸素剤」を使用するとよりフードの品質を保つことが可能です。

小分け用の袋に入れておくとより安心です。

まとめ買いをすると安く手に入りますが、使用しない脱酸素剤そのものを真空パックにして保存しなければいけないというデメリットもあります。

スポンサーリンク

珪藻土で湿気からフードを守る

ドライフードの保管には空気中の水分も気になるところです。ペットフードの質を維持するために保管容器に水分を吸収する珪藻土を入れておくこともいいですね。

サプリメントなどの粉系の保管には珪藻土スプーンも良いですよ。

自動給餌器を利用する

新鮮なフードを出すには自動給餌器がおすすめです。カメラや音声機能も付いているので、みまもりカメラの導入も一緒にできて一石二鳥。

Amazonや楽天で絶大な人気がありますが、公式サイトからの購入が安くてお得です。

ペットフード鮮度を維持する方法まとめ

ペットフードの鮮度を保つなら

  • 小分け袋
  • 酸化防止剤
  • 珪藻土スプーン
  • 自動給餌器

これらを試してください。

多頭飼育をしていない場合はペットフードの使用量が少ないため、ペットフードの酸化に注意が必要です。

ペットに鮮度の高いフードを与えられるように飼い主さんが工夫してあげてくださいね!

LINEで気軽に連絡してね!

LINE公式アカウントバナー

LINE公式でお友だち募集中です。

お友だち登録をすると

✔管理人ポンにLINEで質問できる
✔フェレットに関する不定期配信

など、フェレットに関するお役立ち情報が届きやすくなりますよ。

よろしくね!

 

登録者数400人突破

今すぐお友だちになる

※配信は多くて月2回程度です