一人暮らしでフェレットを飼うと大変な3つのこと

フェレットのあくび

飼育に広いスペースを必要としないフェレットは一人暮らしのペットとしても人気です。

ただし、一人暮らしでフェレットを飼うことは「一人暮らしならではの飼育の大変さ」があります。

一人暮らしでフェレットを飼う前にどのようなことが大変なのかを知っておくことは重要です。

一人暮らしでフェレットを飼うと大変なこと

しかめ面のフェレット

1.爪切りが大変

フェレットは爪が大変伸びやすい動物です。週に1度爪切りをしなくてはいけません。

もちろん動物病院やペットショップにおまかせしても良いですが、週1という高い頻度なので自宅で行えることがベストです。

フェレットの爪切りは「2人で行う」ことが基本です。一人がフェレットを持ち、もう一人が爪を切ります。

一人で行う場合はフェレットがおやつに夢中になっている時や寝ている隙に爪切りを行います。一人ではフェレットをしっかり持てないので、フェレットが動いたときに誤って血管を切って出血してしまうリスクが高まります。

2.急な外出に対応出来ない

一人暮らしの場合、急な連泊での外出が決まった時にフェレットを見てくれる家族はいません。1泊くらいはフェレットはお留守番が可能ですが、出張等でそれ以上の期間外出せざるを得ない場合があるかもしれません。

あらかじめ予定が決まっているのであればペットホテルを利用すればいいですが、万が一「明日から数日よろしく!」なんて言われた時の対処方法を考えておく必要があります。

3.ペットに時間を割く必要がある

一人暮らしでは当然ながら家事全般を一人でしなければなりません。そのうえでペットの為の時間を確保する必要があります。

フェレットのトイレ掃除やご飯の準備はもちろん、ケージから出して遊ぶ時間も必要です。

フェレットはペットの中でも「遊んで欲しい」動物です。一人暮らし飼い主の帰宅が遅くなるとケージの外に出した時にドッタンバッタン遊び出します。

一人暮らしのフェレット飼いは大変だ

  • 一人での爪切りは大変
  • 急な外出が出来ない
  • ペットに時間を割く必要がある

一人暮らしにも人気なフェレットですが、一人暮らしならではの大変さもあります。家族がいたらフォローしてくれることも飼い主が一人で乗り越えなくてはなりません。家にフォローしてくれる人がいない「一人暮らし」の飼育は決して簡単ではありません。

そのうえで「一人暮らしでもフェレットを飼えるか」きちんと考えてお迎えしてあげてくださいね。

おしまいっ

フェレットのお肌ケアをしていますか? ペット用化粧水アヴァンス

脱毛・かゆみ・乾燥など…

フェレットの皮膚トラブル対策をしていますか?

お風呂上がりや冬の乾燥時期にはペット用化粧水でしっかりとしたケアを。

ペットの皮膚トラブルに特化した【AVANCE】はフェレットにおすすめです。気になる部位にスプレーするだけで皮膚トラブルを簡単予防ケア。

フェレットの皮膚トラブルに困っている方、予防したい方は是非お試しあれ!



商品レビューを確認する!

関連記事

おもちゃを使ったフェレットの遊び方

【フェレットの遊び方】おもちゃを使って楽しくストレス発散!【動画あり】

知って得する!フェレットの飼育費用を抑える5つのコツ

フェレット爪切りのコツ!イヤイヤされない持ち方とは

【お口のクリーニング】フェレットワールドの歯石除去で口内ピカピカ健康に

フェレットケージ「ワイルドホームフェレット」

環境が変わってストレスに!フェレット多頭飼育で起きるお迎え症候群とは?

不特定多数のフェレットが集まる危険性

不特定多数のフェレットが集まるオフ会やプレイゾーンの危険性