動物園

【多摩動物公園】キングチーターが見どころ!かっこいい模様は個体差じゃなく遺伝

多摩動物公園に「キングチーター」と呼ばれるものすごくかっこいいチーターがいます。多摩動物公園の見どころのひとつです。

でも、周りの来園者からは

「チーターって一頭ずつ模様違うんだね~」

と声が聞こえてきます。

キングチーターの激レアさが伝わっていない!!!

これは由々しき事態だ

キングチーターとは

通常のチーターの体には独特の斑点模様がありますが、キングチーターはその斑点がつながり、帯状となるのが特徴です。発見当初は別種とされていましたが、遺伝的な研究によって両者は同種と判明し、キングチーターはチーターの変異個体であることが明らかになりました。
キングチーターの体の模様に関する遺伝子は劣性遺伝子であり、両親双方からその遺伝子を受け継いで初めて2つの劣性遺伝子が対になり(ホモ接合)、特徴のある模様が現れます。世界では野生個体と飼育個体を合わせても、数十頭ほどしかいないという報告もあります。
引用:東京ズーネット

  • 帯状の模様
  • 模様に関する遺伝子は劣性遺伝子
  • 世界に数十頭しかいない

つまり超希少動物!!

多摩動物公園のチーター

多摩動物園のチーター

多摩動物公園で飼育されているチーターは「ナデシコ」「イブキ」がキングチーター。

ここで注目してもらいたいのが

【チーターは「ナガト・ムツ」「イブキ・シュレン」兄弟以外は1頭ずつ交代で登場します。】という一文。言い換えれば

「ナガト・ムツ」「イブキ・シュレン」兄弟は同時に登場するということ!

「ナガト・ムツ」兄弟は普通の模様のチーター同士だけど、「イブキ・シュレン」兄弟はキングチーターと普通のチーターの為身体の模様が全く異なります。

普通のチーターとキングチーターの身体の模様を見比べるには「イブキ・シュレン」兄弟が同時に展示されている時が絶好のチャンス!模様の違いは一目瞭然です。

とはいっても、体調の変化等で登場するチーターの順番が変わったりするようなので、「何時に行けばキングチーターに会える」とは正直分かりません。私も3回目の来園でようやくお目にかかることが出来ました。

キングチーターの「ナデシコ」は和歌山県のアドベンチャーワールドに引っ越しました。

スポンサーリンク

多摩動物園のキングチーター

実際に「イブキ・シュレン」兄弟が同時に登場している時に見比べてみました!

普通のチーター「シュレン」
多摩動物園のチーター

キングチーターでなくても「チーター」ってだけでものすごくカッコイイですね!シュレンは一般的な斑点模様です。

キングチーター「イブキ」
多摩動物園のキングチーター

背中の模様はこんな感じ。

多摩動物園のキングチーター

「キングチーター」なんてカッコイイ名前がついていますが、模様以外は普通のチーターとかわりません。

まとめ

可愛くて
かっこ良くて
超希少なチーター

それがキングチーター!

是非本物を見てほしい。とってもかっこいいから。1頭ずつ違う模様なのね~なんて思わずに感動してくれる人が増えたら嬉しいですね。

LINEで気軽に連絡してね!

LINE公式アカウントバナー

LINE公式でお友だち募集中です。

お友だち登録をすると

✔管理人ポンとLINEでお話できる
✔フェレットに関する不定期配信

など、フェレットに関するお役立ち情報が届きやすくなりますよ。

よろしくね!

 

登録者数300人突破

今すぐお友だちになる

※配信は多くて月2回程度です