フェレットフードのメインにおすすめは「シェパード&グリーンアダルトフォーミュラ」

[投稿日]2017/10/13
フェレットフード「シェパード&グリーンアダルトフォーミュラー」

SPONSORED LINK

フェレットフードは一般的に2~3つのフードを混ぜて与えることが好ましいとされています。その数種類の中でどれをメインにするかは悩みどころのひとつですよね。

フェレットフードのメインに一番おすすめしているのは「シェパード&グリーンアダルトフォーミュラ」です。

シェパード&グリーン

フェレットフード「シェパード&グリーンアダルトフォーミュラー」

メインフードとしておすすめしている「シェパード&グリーンアダルトフォーミュラ」はフェレットオーナーから根強い人気があるフードです。(以下シェパードグリーンと表記)「シェパグリ」と略されて呼ばれることもあります。

主要な成分はもちろんフェレットに良いとされる基準を満たしています。

  • 粗たんぱく質:36%以上
  • 粗脂肪:20%以上
  • 粗繊維:3%以下

全年齢対象

フェレットフードの中には「ベビー」「シニア」「オールステージ」と年齢に合わせたフードがあります。シェパードグリーンは「オールステージ」、つまり全年齢対象のフードになります。

ベビー用のフードだと後々切り替える必要がありますが、シェパードグリーンは年齢に合わせて切り替える必要はありません。数種類を混ぜたフードの中のひとつがオールステージのフードであれば、他のフードを切り替える時にも安心ですね。

アゴの発達への影響を考慮

「アゴの発達への影響」が考慮されているやや硬めのフードです。フェレットが毎日食べるものなので、フードの硬さはアゴに影響してくると考えられます。アゴの発達を考えると、ベビー・シニア・病気・偏食等の理由がない限りは硬めのフードを与えた方が良いですね◎

嗜好性

フェレットフードで気になるのは「嗜好性」です。シェパードグリーンは人間でいう「米」のような存在のフードで嗜好性も良いです。硬めだからといって嗜好性が悪いわけではありません。

フードの形状は数種類あり飽きにくい印象です。

フェレットフード「シェパード&グリーンアダルトフォーミュラー」

ブレンドするフードによっては後回しに食べることもありますが毎日きちんと食べてくれます。さすがは米的なポジション。人間でもおかずを先に食べる人っていますよね…

もちろんフェレットによってフードの好き嫌いがあったりもするので、心配な場合は小袋から試してみると良いかもしれませんね。

まとめ:シェパード&グリーン

ポイント解説のフェレット

  • 全年齢対象なので切り替え不要
  • アゴの発達への影響が考慮された硬さ
  • 飽きずに食べる嗜好性の良さ

「シェパード&グリーンアダルトフォーミュラ」はベビーからシニアまで長期に使えます。ブレンドするフードの候補のひとつとして一番おすすめしているフードです。メインフードにいかがでしょうか。

おしまいっ


フェレットの可愛い画像をTwitterで公開しています。

LINE@始めました

SPONSORED LINK

関連記事
About Pon 296 Articles
フェレット等のエキゾチックアニマルを専門としたブロガーです。フェレット3頭・アフリカオオコノハズク1羽を飼育しています。フェレットを中心にエキゾチックアニマルに関する情報発信をしています。

1 Trackback / Pingback

  1. 【フェレットフード】良質フードの選び方を伝授!+おすすめのエサ5選

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*